RSSリーダーで購読する

石留め(彫り留め)

2014/10/31


 

こんにちは。

天久加工所です。

10月最終日。ハロウィンですね♪

天久加工所にも小さなお客様3名がみえて『トリックオアトリート!(お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ!)』

と可愛く言われたのですが、あいにく誰もお菓子を持っておらず…

仕方がなくお店にあった干し梅をあげようとしましたが『あまり好きじゃないです…』と、予想通りお断りされてしまいました…(^^;)

『ありがとうございました。』と悲しげな顔でお店を出て行く小さなお客様をみて申し訳ない気持ちに…笑

来年こそは必ずお菓子を用意しておきます!!


» 続きを読む
|

指輪ができるまで(鍛造) ~後半~

2014/10/13


 

こんにちは。

天久加工所です。

先日の11日土曜日は台風19号の影響により、臨時休業とさせて頂きました。

ご来店予定のお客様には、ご迷惑おかけして申し訳ありませんでした。

幸いお店に被害はなく、本日より通常営業しております。

現在台風は九州地方にあるとのことですが、警報、注意報の出ている地域にお住まいの方はくれぐれも注意してください。

沖縄もまだ風が強いので、外出時は気をつけないといけませんね。

 

 

さて、さっそく前回のプラチナ平甲丸リング制作過程の続きをみていきましょう!!

 

まずは、丸くした指輪を溶接していきます。

通常はここでつなぎ目をぴったりと隙間のないように合わせる必要があり、それが職人の腕のみせどころにもなるのですが…

今回はあえて綺麗に合わせません。なぜなら…


» 続きを読む
|

指輪ができるまで(鍛造) ~前半~

2014/10/04


 

こんにちは。

天久加工所です。

日中はまだ冷房が手放せないですが、夜は少し涼しくなってきて、秋の訪れを感じ始めた沖縄です。

読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋…皆さんはどのように秋をすごしますか?

 

さて、今回は天久加工所の工房でどのようにして指輪が作られているのかお伝えしたいと思います。

まず、指輪を作るには鋳造(ちゅうぞう)と鍛造(たんぞう)の2つの方法があります。

鋳造は型に金属を流し込み成型する方法。鍛造は金属を叩いてのばして成形する方法です。

どちらの方法で指輪を作るかはデザインによって判断します。

今回は鍛造(たんぞう)で、プラチナの平甲丸リングができるまでの過程をみていきます。

 

まずは材料となるプラチナをバーナーで溶かします。

プラチナの融点は1700度以上にもなるため、かなり火力が必要になります。

  …


» 続きを読む
|